看護研究の為の作成

看護研究のためのパンフレット作成方法について

近年では、新人から経験豊富なベテラン看護師まで、多くの人がそれぞれの経験や実績を活かしながら看護研究に力を入れています。看護研究において、より分かりやすい患者指導やカウンセリング方法を全ての患者に提供するためにはどのようにしたらよいかというテーマを掲げている人も多く見られます。

患者指導の内容としては、具体的には退院指導や健康教育、手術の前後のオリエンテーションなどがあります。食べてよいものと食べてはいけないも、に日常生活で注意しなければならない動作や、体に負担をかけにくい効果的な運動などを患者がしっかりと理解できるように指導することが何よりも重要なのです。そのためには、パンフレット作成が絶大な効果を発揮しています。イラストレーションやグラフ、写真や注意書きなどを上手に配置して、見映えが良くわかりやすい内容のパンフレット作成をすることができるのです。患者の求めているニーズに最大限応えるためには、事前に患者に詳細なアンケートを実施しておくことで満足できる内容のパンフレット作成につながります。

例えば、パンフレット作成に必要な文字の大きさや書体、冊子の大きさ、ページ数やイラストなどに対する意見も必要です。また、わかりにくい表現や混同してしまうような表現がないかなどのチェックも必要です。特に、毎日の食事や入浴、排泄などの注意点についてもより詳しい説明があると親切です。患者は一人一人疾患や症状、年齢や性別などが異なります。そのため、それぞれの個別性に合わせた理解しやすい内容のパンフレット作成が求められているのです。看護研究においては、どのようなタイプのパンフレットを使用すれば、より患者の満足度の高い反応を得ることができるのか、最適のパンフレット作成方法を調べあげて、質の高い看護サービスを提供できるよう努力を重ねています。

このように、患者がしっかりと治療方法やその後の注意点などを納得した上で行動することができるように、看護師は全力でサポートを行っているのです。パンフレットを作成して指導を行うことによって、患者だけでなく看護師の意識も向上していくという大きなメリットもあります。全ての患者に対してきめ細かく丁寧な対応を心がけることによって、治療効果も高められます。わかりやすく正しい患者指導は非常に大切な要素となっています。これからも、看護サービスの質はますます高まっていくと見られています。